一般相対性osugi3yのブログ

14年勤めた企業をやめました。映画「時の行路」尾道市実行委員

ウクライナの「キエフの幽霊」伝説のパイロットはいかにして生まれたか〜シン・すべてがNになる〜

ウクライナの「キエフの幽霊」伝説のパイロットはいかにして生まれたか

ローレンス・ピーター著
BBCニュース

http://Russia-Ukraine war

 

ウクライナのMiG-29は、ロシアの一部の戦闘機ほど高度なものではない

 ウクライナの戦闘機パイロットはロシア軍に圧倒的に劣っており、「キエフの亡霊」と呼ばれるエースの話もあって、伝説的な存在になっている。

 

 

 このヒーローは40機もの敵機を撃墜したと言われている。ロシアが空を支配する舞台で、信じられないような偉業を成し遂げたのだ。

 しかし今回、ウクライナ空軍司令部はFacebookで、「キエフの幽霊は、ウクライナ人が作ったキャラクターであるスーパーヒーロー伝説だ!」と警告を発した。

 "我々は、ウクライナのコミュニティに情報衛生の基本的なルールを怠らないようにお願いします "とメッセージは述べ、"それを広める前に、情報源を確認する "ように促している。

 これまでの報道では、エースはステパン・タラバルカ少佐(29)とされていた。当局は、彼が3月13日に戦闘で死亡し、死後にウクライナの英雄メダルを授与されたことを確認した。

 現在、空軍は「タラバルカは『キエフの亡霊』ではないし、40機の飛行機を撃墜したわけでもない」と強調している。

 

 「キエフの亡霊」は、一人の戦闘記録ではなく、「首都の空を守る空軍第40戦術航空旅団のパイロットの集合イメージ」と説明されているのである。

 数週間にわたり、ウクライナ人は「キエフの亡霊」にふさわしい名前を持たなかった。しかし、それでもこの話がソーシャルメディアで広まるのは止まらなかった。

 ウクライナの航空機模型メーカーマーケティングブランドとして使用したり、ウクライナのIryna Kostyrenko氏が伝説から着想を得たミリタリーバッジを披露したりと、その活躍の場は広がっている。

BBCは外部サイトのコンテンツについて責任を負いません。
Twitterで元のツイートを見る

 軍事専門家はBBCに対し、一人のパイロットが40機ものロシア軍機を撃墜できたかどうかは疑わしいと述べた。

 ウクライナの軍事歴史家ミハイル・ジロホフ氏は、キエフの幽霊の話を「士気を高めるためのプロパガンダ」だと評した。チェルニヒフからBBCに語ったところによると、戦争初期にはロシアがウクライナの領空を支配していたので、ウクライナパイロットは「2、3機しか撃墜できなかった」という。

 「ウクライナの軍隊は小さく、多くの人が彼ら(ロシア軍)と同等になることはできないと考えるため、このようなプロパガンダが必要なのです。戦時下にはこれが必要なのだ」と述べた。

 ウクライナパイロットが、劣悪で古いロシア設計のMiG-29に乗り、ロシアによる空の完全支配をいまだに否定しているという事実が、この現代の伝説を思い起こさせた。

 ロシアはその軍事力をもってしても、ウクライナの防空網を破壊するのに2カ月以上かかったが、失敗した。

 ウクライナ当局は、戦争が始まってわずか数日で「キエフの亡霊」伝説を煽った。

 ウクライナ治安局(SBU)はメッセージサービス「テレグラム」で、10機のロシア軍機を撃墜した「キエフの亡霊」を「天使」と呼ぶキャプションをつけた戦闘機パイロットを公開した。しかし、その「天使」の名前は出さず、使用された写真は古いものであると、後にメディアが報じた。

2月27日、ウクライナはロシア軍機10機を撃墜した「キエフの亡霊」を「天使」と呼んだ

 匿名希望のウクライナ軍専門家はBBCに対し、キエフの幽霊の話は「人々が単純な物語を必要としている時に、士気を高めるのに役立った」と語った。

ウクライナの士気もモスクワの話で盛り上がった。

 まず、ウクライナ国境警備隊がロシアのミサイル巡洋艦に無礼なジェスチャーで反抗し、それを記念して人気の切手が作られた。そしてウクライナは、ロシアの誇る黒海艦隊のミサイル巡洋艦を、2発のネプチューンミサイルで沈めたとされる。ロシアは船内で火災があり、船が沈没したことは認めたが、ミサイル攻撃については言及しなかった。

 英雄的な戦闘機パイロットは、他の国の神話にも登場する。英国は、1940年の「バトル・オブ・ブリテン」で、強大なナチスドイツ空軍を打ち負かした勇敢な英国空軍のパイロットを称えている。

 

 そしてロシアは、第二次世界大戦でドイツ軍に圧倒されたパイロットの犠牲を、自ら称えるのである。中には、弾丸を使い果たした後、わざと敵機に墜落させたパイロットもいた。

 「キエフの亡霊」のような伝説は、ロシアとウクライナの損失がこれほど対照的な数字である以上、驚くにはあたらない。

 4月30日、ウクライナ参謀本部は、これまでの戦争でロシアが失った航空機は190機、ヘリコプターは155機であると発表した。

 しかし、独立系軍事アナリストオリックスは、ロシアの損失は飛行機26機、ヘリコプター39機、無人偵察機(UAV)48機と見積もっている。

 ロシアもウクライナも、自国の損失については非常に秘密主義である。航空機はしばしばロシア領内で墜落し、一部はロシアに着陸することができるため、その数を数えるのは困難である。

携帯型対空ミサイルは、空を守る重要な役割を担っている

 専門家は、ほとんどの場合、ロシア航空機は地対空ミサイル、特に携帯型防空システム(Manpad)で撃墜されたことに同意している。

 安全保障コンサルタント会社シビリンのジャスティン・クランプ氏は、ソーシャルメディア時代には「人々は結束と意味を与えるために神話、英雄、伝説を必要とする」ため、キエフの幽霊伝説は重要であると述べている。

www.bbc.com

www.DeepL.com/Translator(無料版)で翻訳しました。