一般相対性osugi3yのブログ

14年勤めた企業をやめました。映画「時の行路」尾道市実行委員

WHO、ゲーム障害の記録は「不可能ではないが困難」と発表〜シン・すべてがNになる〜

世界保健機関(WHO)は、詳しい情報の提供を求められても応じず、最近ではウェブサイトからゲーム障害に関するFAQページを削除しています。

by
ウィル・ネルソン

 

f:id:osugi3y:20211119112930p:plain

Credit: Getty Images/Miguel sanz

 世界保健機関(WHO)は、「ゲーム障害」を習慣性行動とする決定を下した背景にある研究内容を説明する気がないか、できないようだ。

b.hatena.ne.jp

 

続きを読む 独占:「Undetected」は「Metal Gear Solid」へのラブレター

 

 これは、オックスフォード大学でビデオゲームを中心に社会科学を研究しているAndrew Przybylski教授が、WHOがゲーム障害を分類するに至った経緯と、WHOが実施した具体的な研究内容を把握するために、WHOに問い合わせたものです。

 Przybylski氏は、WHOからの回答メールをNMEと共有しましたが、そこには次のように書かれていました。「ゲーム障害とした根拠や正当性を文書化して伝えることは、不可能ではありませんが、困難なことです」と述べています。

 Przybylski氏は、ゲーム障害を依存性行動として一括りにする決定を正当化するには、公開されているデータだけでは不十分であると懸念しています。

 2018年にPrzybylski氏が共著で発表した論文では、「(研究の)構成要素から正式な障害に移行するには、現在よりもはるかに強力なエビデンスベースが必要である」と述べられています。また、この論文では、依存症としてのゲーム障害に関する研究が不足しているという情報に基づく理解から、この用語の「WHOは今のところ慎重に判断し、正式化を延期する」ことを促しています。

「判断が重要であれば、読んだことのある論文のリストを持っていると思います」とPrzybylskiは付け加えました。「あるいは、書籍やデータセットのリストもね」。プレイヤーであるPrzybylskiは、WHOがビデオゲームをどのように定義しているかさえ知らないという。ゲームが精神的な健康に与える影響を研究したり、理解したり、主張したりしたいのであれば、誰かがゲームをどう考えているのか、あるいはそうではないのかは、本当に重要な問題です」。

また、Przybylski氏は、「ゲームはすべて一様に何らかの中毒性があるという考え方」を批判し、「地球の3分の1の人々が常に行っている活動」をWHOがどのように定義しているのか、また、その活動が安全でないとどのように判断しているのかは知らないと述べています。

 

f:id:osugi3y:20211119114129p:plain

Nintendo SwitchのOLED。Credit: Chris Barraclough.

 

 ゲーム障害は、2018年にICD-11に依存性行動を追加したWHOによって、「臨床的に認識可能で臨床的に重要な症候群」とみなされています。それは、次のように付け加えています。"ゲーム行動のパターンが、個人的、家族的、社会的、教育的または職業的機能において著しい苦痛または著しい障害をもたらすような性質と強度を有する場合"

 ICD-11(International Classification of Diseases 11th Revision)は、世界中の医療従事者が症状を診断するために使用しており、そこに障害が含まれることで、各国が障害に対処するための公衆衛生戦略を形成することを目的としています。

 Przybylski氏は、WHOの見解に同意し、ゲーム中毒が一部の人々にとって現実的な問題であることを理解している一方で、「ゲーム障害」という言葉を含んで定義していることに批判的です。また、WHOがICD-11への導入をサポートするために引用した幅広い研究結果を紹介しています。

 WHOは同じメールでPrzybylskiに対して、「この分野でWHOの活動に携わっている専門家には、査読付きの文献で発表することを奨励している」とし、"あなたがこの問題に関する数多くの論文を知っていることを確信している "と述べました。

 それに対してPrzybylskiは、「私は、何百もの論文を見てきました」とNMEに語りました。"その点について、どれが説得力のあるものなのかわかりません[...]新しい精神疾患の創設に値するものは何でしょうか?"

 中毒性行動としてのゲーム障害に関する質問と回答のウェブページもWHOのウェブサイトから削除されているが、その理由は不明である。ゲーム障害を習慣性行動に含めることについての他のデータや情報はWHOから入手可能ですが、オリジナルのリンクは死んだページにつながっています。しかし、Wayback Machineによってアーカイブされており、今年の11月6日の時点ではまだオンラインであったとされています。

 NMEはこの記事の掲載に先立ち、WHOに問い合わせを行い、11月18日に回答を得ました。Addictive Behavioursに関するFAQのセクションです。ゲーム障害に関するFAQは、削除ではなく移動されたもので、こちらからご覧いただけます。

 また、WHOのアルコール・薬物・習慣性行動部門のユニットヘッドであるVladimir Poznyak氏は、Przybylski氏と話した際に、「国際疾病分類の最新版(ICD-11)には、複数の新しい診断項目や大幅に改訂された診断項目を含む数万の診断項目が含まれており、各決定の根拠や正当性を文書化してWHOのチャンネルを通じて伝えることは、不可能ではないにしても困難である」と述べたと付け加えています。

 「すべての決定は、何千もの論文や学術出版物を含む、エビデンス、ニーズ、実践を徹底的に検討することによってなされました。

Poznyak氏は最後に、ゲーム障害をICD-11に追加することで、"この障害の発症リスク、過剰診断を回避しながらの適切な診断、さらには関連する予防や治療法について、医療専門家の関心が高まることになる "と述べています。

 その他のニュースとして、『Halo Infinite』のマルチプレイヤーのサプライズ発売を受けて、シーズン1が2022年5月まで延長されました

 WHOでも慎重になってるのに香川県のゲーム条例は明らかに行き過ぎではないだろうか。

f:id:osugi3y:20210703185311p:plain