一般相対性osugi3yのブログ

14年勤めた企業をやめました。映画「時の行路」尾道市実行委員

シン・すべてがNになる〜不定期連載〜

気になってしまったので翻訳していきます

www.watto.nagoya

 このブログなんですが僕の認識では河野太郎ワクチン担当大臣?がTwitter

で発狂してNHKの記事にケチを付けたが実は厚生労働省の公式からアナウンスされたものであったのがのちにわかったという顛末なんですがこのブログの中にいまだに翻訳されてないであろうCNNの記事を見つけてしまいました。

 

 僕自身が分からないものがあれば解明せよ、見たことがないポケモンがいたらたとえ女の子のスカートの中にでも潜り込んで見つけようというのが心情なので訳してゆきます。

amp.cnn.com

 この記事ですさあいきますよ!

 

バイデンは、存在しないコロナウイルスワクチンの配布計画を継承し、ゼロから開始しなければならない、と情報筋は言う。 

MJリー、CNN
更新 5:08 PM EST, Thu January 21, 2021

(CNN)新たに就任したジョー・バイデン大統領とその顧問は、トランプ政権からコロナウイルスワクチンの配布計画を継承しておらず、新ホワイトハウスにとって大きな課題となっていると情報筋がCNNに伝えている。

 バイデン政権は、Covid-19のパンデミックを好転させ、アメリカ人へのウイルスワクチン接種のペースを大幅に加速させることを約束してきた。しかし、バイデンが水曜日に就任した直後の数時間、新政権のCovid関連の仕事を直接知っている情報筋は、移行期間中にバイデンチームが消化しなければならなかった最大のショックの一つは、米国での複数のワクチンの使用が承認された数週間後でさえ、ドナルド・トランプ前大統領の下でのワクチン配布戦略が完全に欠如していると見ていたことだとCNNに語った。

 "私たちがやり直すことは何もない。すべてをゼロから構築しなければならない"とある情報筋は語った。

  別の情報源は バイデン政権は基本的に "振り出しから "始めなければならないことが 明らかになった瞬間を説明しました 単純に計画がなかったからです "完全な無能のさらなる肯定"

 

f:id:osugi3y:20210123214411p:plain

Related Article:バイデンのCovidチームはトランプ陣営が伝えていないことに神経質になっている

  次期ホワイトハウスは今、バイデンが選挙運動とパンデミックに劇的に物事を逆転させ、ウイルスとワクチンの配布になると,トランプとは全く異なる自分自身を行うために移行フェーズの間に行った約束に良いことをするために激しい圧力に直面しています。移行期間中に、バイデンは公然と彼はトランプ政権の下でコビッド ワクチンの「悲惨な」ロールアウトとして説明したものの批判的だった、彼は彼が最終的に継承されるであろう状況のために彼の前任者に大きな責任を置いたことを明らかにしています。

 トランプ氏が退陣する前に、米国では2種類のコビッド19ワクチンの使用が承認されていた。米疾病対策センターによると、1月20日時点で約1650万本のワクチンが投与されていた--2020年末までに2000万本のワクチンを投与するという前政権の目標を大きく下回っていた。

 新政権は、トランプ氏の下でCovidとワクチンに取り組んできたキーパーソンの一部に辞任を求めている。その中には、ワープ・スピード作戦の科学顧問であるモンセフ・スラウイ主任研究員や、外科医長のジェローム・アダムス氏も含まれている。それは他の人を維持している博士アンソニー Fauci、現在バイデンの最高医療顧問としてCovid- 19 の提供しています。アダムスは、顧問として滞在するように求められた。

 ホワイトハウスのプレスブリーフィングでは木曜日の午後、Fauciはバイデン政権は "ゼロから配布計画を構築しなければならないだろうという提案を拒否した。"

 "私たちは確かにゼロから始めているわけではありません。なぜなら、流通には活動があるからです。"つまり、私たちは新鮮なアイデアを持って入ってきていますが、前政権のアイデアもあります。全く使えなかったとは言えないとファウシ氏は述べた。

就任式の前に、バイデンのCovid-19の顧問の一部は、バイデンの移行チームがすでに重要な情報と協力を得るのに苦労していたことを考えると、トランプ政権のウイルスとワクチンの取り扱いについて、公の場で過度に批判的にならないように注意したいと思っていた、とある情報筋は述べた。

政権交代が行われた今、バイデン政権は、トランプ政権が何をしていたか、何をしていなかったかについての「事実確認」の演習のようなものを経て、全国のワクチンの配布と管理について、実際にどのような状況にあるのかを迅速に明確に把握し始めることを望んでいる、と彼らは付け加えた。

CNNは以前、バイデンチームがovid-19について最も緊急に懸念しているのは、ワクチン供給の問題、連邦政府と地方政府の間の調整、地方政府の資金調達、スタッフの配置、その他のリソースの必要性などであると報じた。これは新たに出現したCovidの亜種に加えて、ホワイトハウスが科学者や専門家と協議の上、警戒して見守っていることである。

バイデンは、Covid-19の普及を遅らせることと、オフィスでの彼の最初の100日でアメリカ人の腕に1億人のワクチン注射を得ることが最優先事項であることを明らかにしている - オフィスでバイデンの最初の年が最終的に成功したとみなされるかどうかを形作る目標。

オフィスに宣誓されてから数時間以内に、バイデンは、すべての連邦財産にマスクを必要とする執行命令に署名し、オフィスで彼の最初の100日の間に連邦マスク義務のためにプッシュするために彼のキャンペーンの約束の一部です。

  "バイデンは大統領として初めて 執務室に登場した時にこう述べた "今日の国の状況を考えれば 時間がないと思った "すぐに仕事に取り掛かれ"

 木曜日のバイデンのオフィスでの最初の完全な日に、ホワイトハウスは、予防接種とテストに関連する多数の執行行動を含む制御下でパンデミックを取得するための国家戦略を展開することによって、Covid-19に焦点を当てています。

  トランプ政権の「協力の欠如」を新政権の「障害」と批判したホワイトハウスのCovidコーディネーター、ジェフ・ジエント氏は20日、記者団に対し、政権が100日で1億回のワクチン接種を目標に達成できるとの確信をまだ持っていると語った。

"ほぼ1年前から、アメリカ人は連邦政府にCovid対策の包括的なアプローチはおろか、何の戦略も期待することができませんでした」とジエントは述べています。"「そして、その失敗の悲劇的な代償を目の当たりにしてきました。今日バイデン大統領が就任することで......明日には変わるだろう」と述べた。

この記事は追加取材で更新されました。

 DeepLを使って翻訳したんですがどうもアメリカもワクチンに関しては遅れているようです。日本も厚生労働省河野太郎ワクチン担当大臣の間で情報が錯綜していたようですが、どうも遅れるのはアメリカにせよ、日本にせよあるみたいです。

 ワクチンを打つか打たないかは日本政府も個人の自由としているのでワクチンが打てるようになるまでは新型コロナウィルスにかからないように予防するのが一番だなと思いました。

 最近ワクチンがあれば万事解決みたいな空気になってきてますがそもそも新型コロナ蔓延防止にはPCR検査の拡充、陽性者と陰性者の接触防止とか、陽性者の保護の方が重要なですけどね。

 以上、新型コロナウィルス対策の日米での対応の遅れについて、でしたお読みいただき有難うございました。